いなば温泉郷マップ
<わらべ館>旧県立図書館を改築したレトロな建物が印象的なわらべ館は、幼い頃に唄った歌やおもちゃと再会できる、誰もが子供に還れる場所です。お子様から大人までお楽しみ頂けます。 <仁風閣>明治40年に、旧藩主池田家の別邸として建てられたフレンチルネサンス様式の白亜の洋館。時の皇太子殿下(のちの大正天皇)の宿舎として使用されました。国指定重要文化財。 <鳥取砂丘>日本海海岸に広がる日本三大砂丘の1つ。三万年の歳月をかけて生まれた砂丘は鳥取県のシンボル。ラクダでの遊覧もできます。 <吉岡温泉ホタルまつり>ホタルの名所、吉岡温泉街で開催される初夏の風物詩ともいえるお祭りです。 <鹿野そば>鹿野町は南に「鷲峰山」北に日本海を望む「鹿野温泉」のある町です。そば打ち体験ができる「鹿野そば道場」も人気です。 <麒麟獅子舞>因幡国(鳥取県東部)に古くから伝わる民俗芸能。因幡地方に特有の麒麟獅子は、角が1本、両耳がピンと立ち、頭全体が面長で金色という特長を持っています。 『岩井温泉』1300年の歴史を刻む温泉。江戸時代から伝わる珍しい風習「湯かむり」が名物です。浦生川沿いに連なる温泉街、しっとりした木造の立ち並ぶ旅館街は、古き良き時代を残しています。 <浦富海岸>山陰海岸国立公園の一部で、鳥取市の東隣、岩美町に位置する約18 ㎞にわたるリアス式海岸です。澄み切った海水に、海水等の浸食による花崗岩の断崖や、激しい浸食によって切り離され海面上に大小の島や岩が散在する景観は非常に美しく「山陰の松島」とも呼ばれ賞賛されています。 <因幡の白いか>夏の夜、日本海に煌々と輝くイカ漁の漁火(いさりび)は鳥取の夏の風物詩です。この漁で釣り上げられるイカが「白いか」です。水揚げされたばかりの鮮度の良い白いかは、身が透き通り、甘みが強く、鳥取の夏を代表する一品です。 <松葉がに>冬、海の幸の王者といえば松葉がに。毎年11月に解禁になると、鳥取沖や境港沖を中心にカニ漁でにぎわいます。生きたまま持ち帰られるのは、山陰と越前だけだといわれ、水揚げされた松葉がにはまさに鳥取の冬の風物詩となっています。 <白兎海岸>全国的に知られている神話「因幡の白兎」の舞台となった海岸。大国主命と八上姫の仲をとりもった白兎を祀ったことで、縁結びとして恋人の聖地に認定されています。白砂の浜が続く美しい海岸で、夏は海水浴場としてにぎわいます。 <貝殻節>昭和初期、浜村温泉の宣伝歌として流布したホタテガイ漁の際に歌われた民謡です。毎年8月には浜村駅周辺で貝がら節祭が催されます。 『鹿野温泉』鷲峰山の麓の静かな佇まいの温泉です。自然環境や泉質に優れていることから国民保養温泉に指定されています。 『浜村温泉』山陰の民謡「貝がら節」で有名な浜村海岸の近くにある温泉地です。別名「鷺の湯」とも呼ばれます。 『吉岡温泉』湖山池の南岸、吉岡川沿いに湧出する山峡の閑静な温泉。江戸時代には藩主池田家の湯治場として栄えました。初夏にはホタル狩りを楽しむことがでます。 『鳥取温泉』市街地に湧く全国でも珍しい温泉。お気軽にご利用いただける公衆浴場もあります。 <浦富海岸・鳥取砂丘観光周遊ボンネットバス>『昭和初期を彷彿とさせるレトロなボンネットバス』は鳥取駅から鳥取砂丘、浦富海岸を経由して岩井温泉まで運行しています。
2016.10/ 3
平成28年『鳥取因幡Gバス・原風景コース』スタート!

平成28年『鳥取因幡Gバス・原風景コース』スタート! 鳥取因幡をGururi(ぐるり)めぐるGoodなバスツアー『鳥取因幡Gバス』!! 2016.10/9~原風景コースの運行を開始します! ◎10月9日(日)~12月18日(日) 毎週日曜日は、昔どこかで.....
続きを読む

2016.04/16
砂の美術館第9期展示のご案内

砂の美術館第9期展示のご案内 砂の美術館第9期展示は、「砂で世界旅行・南米編」~繁栄の記憶を留める奇蹟の新大陸を訪ねて~というテーマで4月16日(土)より好評開催中です。会期2016年4月16日(土)~2017年1月3日(日)開催.....
続きを読む

2015.12/28
鳥取市レンタサイクル 好評貸出中

鳥取市レンタサイクル 好評貸出中 鳥取での観光や商用に気楽な観光レンタサイクルをご利用ください!砂丘まで片道1時間。行って帰って達成感は最高。そのほか、地図を持って街なか巡りも楽しめます。 住所:鳥取市東品治町(JR鳥取駅高架下)料金.....
続きを読む

鳥取市の週間天気予報


▲ このページの上へ